こうしたポイントに遭遇

セリーグだと2打席視線からこんな景観に遭遇するのではないでしょうか?
9番投手で3アウトチェンジで尖端バッターで次の回から山田。これは頻発するでしょうね。
あとは、7番または8番が命中でランナーいるときの9番ピッチャーの送りバント。で、1塁が空いている状態で山田。次のバッターが誰になるかにて、得点差異によってもなるけれども、とりあえずまともには勝負はして欠けるのでしょうね。
ということが頻発するのでしょうし、それが不満でピッチャーになれないバスターやおしまいランをたくらみて、ゲッツーなんて低質なこともありそうですしね。で、次の回の尖端バッターという企業ね。
但し、ベストでも良いとしたら、それは投手を9番ではなく、7番あるいは8番に置いておく企業。9番打者が1塁に置いておる状態で山田というグレードをつくりたいですね。
さすがに1塁におけるランナーを得点しやすい2塁には持って行きづらいし、勝負ってことになるから。xn--cck2b7da6a1d0753bok1a.xyz